FC2ブログ
カリバネボタンの主催、演出、脚本、役者です。ブログ名を改名しました
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
OKごめん、まじごめん
2007-01-28 Sun 00:48
これだけ更新をサボってしまうと、いつ書こうか、いつ書こうか、そのタイミングを見計らっているうちに、クリスマスも年末年始もとっくに通り過ぎて、今日に至ったのであります。
更新休ませていただきました。ありがとうございました。そしてごめんなさい!
今度こそしっかりと続けていきたいと思いますので、
何卒!何卒!
今後ともよろしくお願いします。

さて、今回は1月に「RESET」というお芝居を予定していたのですが、種々の大人の事情により(僕のせいで)公演を延期させていただくことになっております。
お芝居がお見せできない分、ここで「RESET」が目指していたもの、僕の中で膨らんでいた「RESET」を紹介することが、少しでも罪滅ぼしとなれば、と思い、ちょっとだけ、紹介しちゃいたいと思います。

時は23世紀!!
現代の憧れる21世紀のずっとずっと先にある時代。
それは、今と昔、現代と古代、便利と不便、戦争と平和、そんな極端に二極化した時代。
とはいっても人々の生活は20世紀からは劇的な変化は遂げていない。朝起きれば食卓においしい朝食を準備してくれる給仕ロボット。
ニュースを読み上げる声はCG合成でできたいやに美人に造られたアナウンサー。
車は23世紀でも市民の足だ。車を開けて乗り込もうものなら瞬時に所有者本人かセキュリティシステムが働く!
「おはようございます。木戸様。オートドライブを起動しますか?」
「手動だ」
「手動ドライブで起動します」
20世紀のインターネットの爆発的普及の再来か。
この国中にはロボットが、いや、自らを
「メカニカルヒューマン」と主張する超成長性AIを搭載した機械人間たちが、国の人口の半分にまで迫り、今や彼らの人権はもとより、戸籍、労働、納税、参政権まで持っている。急速な高齢化で人間の人口は減り続ける一方。その人間の一抹の寂しさが生み出した、人間が作ったもう一つの人間。
「メカニカルヒューマン」
彼らが法的にも「機械性の人間である」とみとめられた、そう、それが23世紀。

今日はここまで。気になる方はコメント残していってね☆
近日中にアップするのでお見逃しなきように・・・


ブログランキング

スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おどろいたこと | ちらかしノート | 今日という日>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ちらかしノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。