FC2ブログ
カリバネボタンの主催、演出、脚本、役者です。ブログ名を改名しました
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日という日
2006-08-06 Sun 20:25
驚くべきというか、今日は広島原爆の日でした。
なんで驚くべきかというと、TVでニュースを見るまですっかりそのことを忘れていたからです。

「あ、今日か!」

と、家で一人ごちてしまうほどでした。
小学校、中学校、高校くらいまでは夏休みの出向日は必ず8月6日がありました。必ずはだしのゲンとか原爆被害の検証のようなあまりにリアルな映像を見せられて、ただただ目をそらすばかりだったのを思い出します。
だから、思春期までは8月6日が嫌いでした。「嫌なものを見せられる日」でした。僕にとっては
それから幾星霜。大学も卒業し、芝居にいそしむうちに常識人というより日本人として何か大切なものを忘れかけているような、妙にまじめな考えにとらわれます。

まあだからといって、いつも日本人として何か意識しているわけではないけれど、「広島原爆投下の日」というのを改めて思い出すにつけ、そこで失われた「命」苦しんでいった「命」を自分の中で目の当たりにします。

そういう自分の中の実感のようなものが、子供のころに見た壁に映った人影の跡とか、原爆ドームとか、やけどのケロイドの画像よりよっぽどリアルに鮮明に感じられます。

何を言ってる分かりくくなりましたが、僕が脚本を書き始めて一貫したテーマ「人間賛歌」とか「命とは」というとってもまじめな部分を改めて思い返したわけです。

大晴天に恵まれて広島で記念式典を行えたことを慶び、被害者の方々のご冥福を改めてお祈り申し上げます。

P.S.広島はとってもいいところです。原爆ドーム、平和公園に二度ほどいったことがありましたが、僕はあそこでとても優しい気持ちになりました。
スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<OKごめん、まじごめん | ちらかしノート | 猛暑ですね>>
この記事のコメント
私も子供の頃この日が苦手でした。
どう言葉に表したらいいのか、解らなくて言葉数が少なくなっていた気がします。
こんな残酷な歴史が再び繰り返されることがないよう祈る、というより、起こらない、起こるはずないと思ってしまってる自分が・・・どうなんだろう?
2006-08-20 Sun 16:53 | URL | ひとみ #-[ 内容変更]
こんにちは。
8月6日が何の日か知らない、という人も増えてきたようですね。
私も子どもの頃は夏休みの登校日に
怖い映画などを見せられるのが嫌でしたが、
今は見ておいて良かったと思います。
2006-08-10 Thu 16:57 | URL | シッポ #jnRiruIs[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ちらかしノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。