FC2ブログ
カリバネボタンの主催、演出、脚本、役者です。ブログ名を改名しました
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
トウキョウノユキ
2006-01-22 Sun 18:20
関東在住の方が、昨日今日ブログを書くとすれば、ほとんどの方がこの雪に関する日記をアップすると思います。

僕も例に漏れず、雪の感想を。

大雪でしたね。
僕の記憶では、去年も一度、結構な雪が積もっていた気がするのですが、
この雪は8年ぶりなんだそうですね。

前日洗濯物を干していたものだから、洗濯物にまで雪が積もっていました。

ちくしょー・・・


家を出るとそこは雪国だった。


すっかり忘れていましたが、雪の日の寒さは質が違いますね。

強制的に体の中に寒さがしみこんできます。
刺すような寒さではなく、寒さが体に直接入ってくるので、あっという間に手先がしびれます。

僕の靴底はでこぼこがないやつなので、
つるっつる滑ります。

つるっつる滑ります。

土曜日なので、あまり人は歩いていません。自転車をゆるゆるこぎながら、ちょっと振り返ってみると、真っ白の中に千鳥足のように黒い筋がたゆたいます。

雪は音を吸い込むので、辺りはとっても静かです。住宅街なのに、人の気配がしません。

こんな時はディープ平尾の「一人」がよく似合う。

夢のような過去は 消えてゆく
一人だけでただ歩く もう誰もいない
tu tu tu tu tu 誰も
tu tu tu tu tu いない
一人だけでただ歩く

勝手にダンディズムを口ずさむ。

こんな日は子供は大喜びで外に飛び出していそうなものですが、以外にみんな遊んでいませんでした。

自転車で頼りなく、つぅーと進んでいると、空き地でようやく雪だるまを作る父子を発見。そして観察。

二人で雪を転がしていると、子供がいたずらで父に雪だまを投げつける。
「なにすんだよー。雪だるま作ってるだろー」
「えへへー」
父がちょっとやりかえす。
面白がって子供はさらにやり返す。

2分後

本気雪合戦開始

雪だるまはどこへやら
こうなると父も男です。子供のころに培った雪合戦ノウハウをいかんなく発揮します。
子供が投げる雪だまを、父は避ける避ける。

父、本気です。

子供はなかなか雪球が当たらないので、いらいらしてくる。
保護者としては、たまに当たってあげて、ご機嫌をとるのが普段ですが


父、容赦なく避ける。

赤の他人ですが、見ているこっちとしては、子供が泣き出さないかちょっと心配。

子供、わき目も振らず投げる
父、わき目も振らず避ける

もはや子供二人

もう、微笑ましくってしょうがない現場でした。

九州出身の僕には、やっぱり雪はうれしい。楽しい。
最近、東北や甲信越の積雪被害のニュースはあまり流れませんが、むこうはどうでしょうね。
被害甚大だといわれています。
なにもできませんが、復旧を心より祈念いたします。

今、テレビでバンキシャやってます。ライブドア特集。
堀江さんどうなるんでしょうねぇ・・・
スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<姉さん、事件です | ちらかしノート | 背景の回転を早くしてみるの巻>>
この記事のコメント
こんばんは
遊びに来たよ。雪はうれしいけど、仕事に行くのが億劫になるねぇ・・・また、遊びに来るね。体に気をつけてがんばってね~
2006-01-22 Sun 21:13 | URL | アヤノ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ちらかしノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。