FC2ブログ
カリバネボタンの主催、演出、脚本、役者です。ブログ名を改名しました
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ボスカレ初日
2007-06-13 Wed 02:17
ついに来た。

客演の、劇団ボスカレの初日である。

初日が明けたときは、「やっとここまできたー!!」

という気分が強くある。

ここからは、千秋楽まであっという間である。

その間を楽しみながら、お客さんに喜んでもらえる演技をしたい。

本気で、毎回そう思う。

今日は、役者の大先輩が見に来てくれたり、劇団員が見に来てくれたり、大学の旧友が来てたり、昔住んでた下高井戸の近所の方が来てくれたり、芝居仲間が見に来てくれたり、

最初把握していたよりも多くのお客さんが来てくれていた。

今日は、自分的に、上手く出来たところがある。上手く行かなかったこともある。

そういうものをひっくるめて、お客さんは何を感じて帰って行ったのだろうか。

役者・大熊誠一郎は、どう評価されるのだろうか。

不安と期待と不安がある。

お客さんに喜んで欲しい。

これが役者の存在意義だ。

今日のお客さんは、喜んでくれただろうか。

それを考えながら、明日のお客さんを全力でもてなす。

これが役者の仕事です。

役者って、貧乏で、行くあてがなくて、情熱だけで「生」にしがみついてる人間だけど、

人を喜ばせるという、大きな使命を負った仕事だ。

それは、あるときは重圧であり、あるときは生きる希望を与えてくれる。

だからこそ、皆さんがアンケートを書くことも、お帰りになるときにふと僕らに目を配らせてくれるのも、とっても勇気につながるのです。

自分が、まだ演劇をやっていいんだって気付けるのは、毎回お客さんに声を掛けてもらえるかどうかにかかってたりする。

どうかどうかお客様。

気に入った役者がいましたら、ぜひぜひ話しかけてみてくださいませ。

僕ら役者は、全身全霊を持ってあなたの勇気を、喜びにもてなします。

まだまだ客席は余裕があります。

まだ見てない方にはぜひ見て欲しい。

なぜかって?

僕が役者をやってるからです。

そして、僕のことを気に入っていただけるなら、どしどし声を掛けて欲しいのです。

写真とか一緒に写りたいのです。

気軽に声を掛けてくださいね。

あなたを待ってます・・・



4つのブログランキングに参加しています。
皆さまのおかげで上位をキープ。
↓ぜひとも!今日もワンクリックお願いします!
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
にほんブログ村 演劇ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ボスカレ二日目 | ちらかしノート | 明日から本番>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ちらかしノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。